浅間様のお祭り・銚子市 2005年7月16日

「子供が丈夫に育ちますように・・・」という願いを込めて年に一度お参りする行事。
参道にはたくさんの屋台が並び、皆浴衣姿で繰り出して、名物のきんつばを食べたり、
金魚すくいなどを楽しんだりします。
遙か昔からの歩行者天国です。
この日ばかりは、子供たちも夜遅くまで外で遊ぶことを許され、花火などに熱中した思い出があります。
今はあまり見なくなってしまいましたが、セルロイドのお面やゴム風船、綿菓子など・・・
金魚すくいなどは昔と全く変わらぬ風情。
湿度が高く、蒸し暑い中、人々の熱気にあふれていました。
撮影・録音・構成 : Windy
社は年に一度のお化粧姿です。
昔から厚い信仰心を集めている面影が見えます。
夕暮れ時となり、
多くの人々が繰り出し始めます。
参道は人々の流れでぎっしり詰まってきます。
昔から変わらない風情の金魚すくい。
子供たちの楽しくも真剣なまなざし・・・
清めの鐘の音が鳴り響く境内登り口。 音を聴く
手や足を清めてもらいます。
子供が丈夫に育つ願いは昔から変わらない。
表紙に戻る